とても希少性が高い パパラチアサファイア プラチナ ダイヤモンドリング です。

「パパラチアサファイア(パパラチア)」

サファイアのなかでも、オレンジとピンクのちょうど中間といえる色合いのサファイアがこの「パパラチア」です。パパラチアサファイアには、世界共通といえる定義はありませんが、サファイアのなかでも珍しい色みであることから大変希少性が高く、そのため慎重に鑑定を行う必要があります。

スリランカ産のピンクがかったオレンジの美しい宝石、パパラチアサファイア

今回、お買取りさせていただいたパパラチアサファイアの色合いとしては、ルビーとオレンジサファイアの中間に位置するものです。スリランカ産のピンクがかったオレンジが出ています。とても美しいパパラチアサファイアです。

「パパラチア」名前の由来

パパラチアとは、スリランカの言葉で「蓮(はす)の花」を意味します。蓮の花の色から付いた名前です。

天然パパラチアサファイアは大変希少。
なかに色褪せするものも…

多くのパパラチアサファイアは、色みをよくするために加熱処理し、変色改良がおこなわれます。また無処理のパパラチアサファイアの場合、すべてではありませんが、その天然の色みがあせてしまうことがあります。そうなってしまった時は、その色あせたパパラチアサファイアを太陽のもとに数時間置いておくと、なんと元の色みが戻ってきます。とても不思議な宝石です。

アジアアートギャラリーは、宝石のスペシャリスト。査定・鑑定のことなら、アジアアートギャラリーにおまかせください。

アジアアートギャラリーでは、このような鑑定力を要する宝石であっても、スタッフの高い製品知識と専門鑑定機関との独自オンラインシステムによりスムーズに、かつ高額に査定を行うことが出来ます。宝石世界流通アジアアートギャラリーの高速高額査定システムです。

パパラチアなど宝石ジュエリーの査定は、アジアアートギャラリーへ

もちろん鑑定・査定はすべて無料です。サファイアなどダイヤモンド以外の宝石ジュエリーも、アジアアートギャラリーにおまかせください。

きっとご納得いただけるお買取価格をご提示いたします。