サファイヤ 宝石専門鑑定士による高額査定

こちらの宝石は、とても希少性が高い パパラチアサファイヤ(プラチナダイヤモンド)リング ですが「パパラチア」は、かなり宝石に詳しい方でも「聞いたことがあるかも…」という程度で、あまり聞きなれない宝石名ではないでしょうか。

スリランカ産のピンクがかったオレンジの美しい宝石、パパラチアサファイヤ

サファイアのなかでも、オレンジとピンクのちょうど中間といえる色合いのサファイヤがこの「パパラチア」です。パパラチアサファイヤには、世界共通といえる定義はありませんが「パパラチア」とは、スリランカ語で「蓮の花(ロータスフラワー)」を意味します。サファイヤのなかでも珍しい色みであることから大変希少性が高く、そのため慎重に鑑定を行う必要があります。アジアアートギャラリーでは、宝石専門鑑定士の見立てのほかにも、他店買取部門スタッフや宝石鑑定機関との連携により適切な高額査定を心がけておりますので安心してお持ちください。

ルビーとオレンジサファイアの中間的な色合い、パパラチアサファイア(パパラチア)

今回、お買取りさせていただいたパパラチアサファイヤの色合いとしては、ルビーとオレンジサファイアの中間に位置するものです。画像での色味はやや濃く感じられますが、実際のお品は、スリランカ産のピンクがかったオレンジが出ています。とても美しいパパラチアサファイヤです。

天然パパラチアサファイヤは大変希少。なかに色褪せするものも…

多くのパパラチアサファイヤは、色みをよくするために加熱処理し、変色改良がおこなわれます。また無処理のパパラチアサファイヤの場合、すべてではありませんが、その天然の色みがあせてしまうことがあります。そうなってしまった時は、その色あせたパパラチアサファイヤを太陽のもとに数時間置いておくと、なんと元の色みが戻ってきます。とても不思議な宝石です。

宝石鑑定のスペシャリスト、アジアアートギャラリーにおまかせください。

アジアアートギャラリーでは、このような鑑定の難しい宝石であっても、専門スタッフの高い製品知識と、宝石鑑定機関との連携により、スムーズに、かつ高額に査定を行うことが出来ます。アジアアートギャラリーでは、各地で美術宝飾品の「無料出張鑑定会」も実施しております。宝石専門鑑定士による適格な査定により、現在お客様がお持ちの宝石類の市場価値を知ることができます。売却の参考にもなりますのでぜひご活用下さい。日程や会場は、当社ホームページに掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

福岡でのハイジュエリーの売却はアジアアートギャラリーをご利用ください。

もちろん鑑定・査定はすべて無料です。サファイヤなどダイヤモンド以外の宝石ジュエリーも、アジアアートギャラリーにおまかせください。きっとご納得いただける買取価格をご提示いたします。

「アジアアートギャラリー九州支店」は、福岡市中央区大宮の西鉄平尾駅徒歩1分のところにあります。西鉄平尾駅ホーム鉄橋から見下ろす、すぐ先に見える駅近ビルの1階になります。高宮通りの「平尾交差点」を博多方面に曲がってすぐの百年橋通りの大通りに面したわかりやすい店舗です。店舗前には無料駐車場がございますのでお車でお越しの際はそちらをご利用ください。皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

福岡市中央区大宮の「アジアアートギャラリー(九州支店)」では、お客様の大切な宝石を、経験豊富な宝石専門鑑定士が、1点1点丁寧に査定いたします。サファイヤ・ルビー・エメラルド・ダイヤモンドは、美術宝飾品の全国展開の鑑定買取店アジアアートギャラリーが高価買取いたします。

2018-08-18T16:59:55+00:00