縁頭 伝京金具師赤銅魚子地高彫牡丹獅子

伝京金具師赤銅魚子地高彫金銀色絵牡丹獅子図縁頭(鑑定書付)です。赤銅地に魚子地を蒔き、高彫に金銀色絵を施した作品となっています。

縁頭は打刀、脇差、短刀の柄の前後を固定する刀装金具で、柄と鐔の接触部に着けられ物を縁、柄の先端部に着けられる物を頭と呼称し、天正拵、殿中差拵、の様に角製の頭を用いる場合もありますが、江戸時代に入る頃からは金属で縁と頭を一対としたものが多くなります。刀装具の中でも目立つ位置にあるため、刀の持ち主の意思を示した図柄や家紋が取り入れられた物も多くみられます。またどちらか片方が無くなると「離れ縁」、「離れ頭」と呼称されます。

牡丹獅子図は刀装具のなかで多くの金工が手掛けている人気の構図です。それぞれの流派の金工によって様々な獅子が創作されています。室町時代の後藤宗家から始まり幕末の加納、石黒、まで秀作が数多く残されています。

本作は「京金具師」の極めがついています。作風は後藤家風の物と見えます。時代は江戸時代中期以降、作域も鏨使いも悪くなく、獅子の力強さもある真面目な作品となっています。また本作には後藤派とみられる陰陽根の一匹獅子図目貫(鑑定書付)と牡丹図小柄(鑑定書付)が一緒になっております。これらの作品につきましてもご紹介しております。併せてぜひご覧ください。

刀・刀剣・刀装具の買取

2018-08-19T12:30:05+00:00