小柄 京金具師赤銅魚子地高彫金銀色絵牡丹

京金具師赤銅魚子地高彫金銀色絵牡丹図小柄(鑑定書付)です。構図は後藤系で魚子地の列も綺麗に整い高彫の鏨使いも上手。色絵の剥がれも少なく、保存状態のよい作品です。

牡丹獅子図縁頭や一匹獅子図目貫と一緒に保管されていたらしく、おそらく一つの拵になっていたものを、鞘や柄の劣化が進んだ為バラされたのだろうと思われます。

それぞれの金具単体で、鑑定書がついています。構図的に三作とも後藤系の作品ではありますが、若干、作風、作域に違いがみられ、三所物ではなく、合わせの揃い金具といったところでしょう。時代物の拵や揃いの装剣金具は、時代と共に分解され、離れ離れになってしまった物が多く、とても残念に思います。

本作の様な小柄とは、日本刀の鞘に付属する細身の小刀の柄で、ペーパーナイフの様な役割で武器としての役割はもたない物でした。室町時代末期頃から使用が確認されていて、江戸時代になると装飾性を高め発展します。拵の差し裏に櫃を作り納める使用方法が一般的です。現代でもコレクターがいて、古くは後藤家上代、江戸時代中期には、野村包教、土屋安親、江戸時代末期には加納夏雄、後藤一乗、石黒政美、等が特に有名です。これらの作品は高価で取引される為、偽物も大変多く作られており、本作のように鑑定書の付くものは希少な作品となります。

2018-08-18T16:41:23+00:00