拵 黒漆塗印籠刻講武所様式短刀拵

黒漆塗印籠刻講武所様式短刀拵(日本美術刀剣保存協会鑑定書付)をお買取しました。

江戸時代末期の講武所様式で銀製一作物金具の縁頭、鯉口金具、栗形、鐺、に福神鼠目貫、二所物の小柄、笄、と完璧な構成でとても垢抜けした、短刀拵えとなっています。

講武所とは江戸時代末期、開国を迫る西洋列強に対する江戸幕府の国防政策に基づき、砲術では勝海舟、剣術では男谷信友らが講師の中心となって旗本、御家人の子弟に対し国防教育を行った所です。

この講武所に通った若い幕臣の子弟が好んで使用した、頑丈で実践的に作られているのですが一方で非常に誇張された拵を講武所拵と称しています。

開国を目前にした世情の騒がしい幕末のこの時代に熱い意気込みを自らの姿格好や拵に表現したのでしょう。

アジアアートギャラリーでは、刀剣・刀装具の専門鑑定士による、確かな鑑定、査定評価をさせていただいております。また刀剣・刀装具を大切にコレクションされるお客様のお品物のお手入れやお直しのお手伝い、アドバイス等もさせていただいております。研ぎのご相談や、オリジナルハバキ製作など刀剣・刀装具のことなら何でもお任せ下さい。査定無料のアジアアートギャラリーをぜひご利用ください。

アジアアートギャラリー〈本郷美術骨董館グループ〉は、福岡市中央区西鉄平尾駅徒歩1分。百年橋通りに面した赤い大きな看板が目印です。無料駐車場完備、雨天の日でも店舗前駐車場なので安心です。大きなお品物や点数が多くなる時はお気軽にお電話ください。美術骨董に詳しい専門スタッフが無料出張査定にお伺いいたします。美術品&宝飾品を売るなら全国展開のアジアアートギャラリーにお任せ下さい。

刀・刀剣・刀装具の買取

2018-08-18T16:45:24+00:00