中国切手「幹線道路にかかるアーチ橋 小型シート」をお買取させていただきました。

中国切手「売るべきか、まだ持ち続けるべきか」よく聞かれます!

中国切手が投機の対象になってからは、多くのお客様に「中国切手はまだ持っておくべきか、それとも売却した方がよいのか?」とよくご質問を受けます。

中国では空前の中国切手収集ブーム!

中国経済はいろいろと言われていますが、中国国内での中国切手収集ブームは、依然衰え知らずの状況ですので、その見極めはそう簡単ではありません。

「ピークは過ぎた」とも言われていますが…

中国切手関係者は「この先、何年も中国切手を持ち続けた方がいい」とは言いませんが、たしてどうでしょう。不動産や株式の売り時を失って現在に至るバブル経験者は、やはり今が中国切手の売却時期なのでしょうか。

アジアアートギャラリーでは、中国切手の取引価格の変動を日々チェックしています。

中国切手の売却は、中国切手取扱い専門業者のアジアアートギャラリーにおまかせください!