本花梨総無垢 飾り棚 相田一男作 彫刻家具

本花梨総無垢 飾り棚 相田一男作 彫刻家具 美術品 をお買取させていただきました。本花梨(ほんかりん)は唐木(とうぼく、からき)の一種で、銘木としての希少価値がとても高いことで知られています。

今回お買取りさせていただいた飾り棚の材質である花梨や、紫檀(ローズウッド)などの唐木は、中国を通じて輸入されることからその名称となっています。

唐木最大の特徴はその強い強度にあります。そのため実の詰まった堅い唐木で作られた家具や調度品は100年経っても朽ちないほどです。

また、他の銘木にない美しい色合いや光沢を持つことから、家具以外にも楽器や仏像など本格的な美術品にも多用され素晴らしい作品となって後世に受け継がれています。

アジアアートギャラリーでは、このような美しい彫刻家具のリサイクルを通じて、新たな美術品の普及に努めています。特に花梨は近年産出量が激減していることから、現存する家具や調度品はとても貴重となっています。

装飾的要素を含む彫刻家具や、調度品は長い時間が経ってもその美しさは生き生きとしています。ちょっとの磨きや修繕を加えることでその素晴らしさがグッとよみがえることもあります。

彫刻家具・調度品の買取リサイクルは、美術品・骨董品買取のアジアアートギャラリーにおまかせ下さい。

2018-08-19T11:36:43+00:00