天然赤珊瑚 観音菩薩像 置物 美術品 をお買取させていただきました。優し気に微笑む表情、肩から垂れる条帛(じょうはく)のしなやかな質感、そしてその細部にまで細かく彫刻が施されています。「うーむ」と思わず唸ってしまうほどです。

海の宝石「珊瑚」

今回、お買取させていただいたお品は「宝石珊瑚」の一つ、赤珊瑚から作られた彫刻作品です。
宝石珊瑚には赤・桃・白とあり、赤が濃くなっていくほど高価で、とくに血のような真っ赤な珊瑚は「血赤珊瑚(ちあかさんご)」と呼ばれ、非常に希少なものです。

日本近海の200m~1000m以上の深海で育ち、1cm大きくなるのに数十年はかかると言われています。そのため大きいとされる原木でも、人の親指ほどしかありません。

アクセサリーなどにする場合、周りを削ることになるので、一つの原木から作り出せる数も少なくなります。さらに現在では乱獲などにより、採取自体が難しくなっており、今後ますます希少価値が高くなっていく可能性が大きいとされています。

Exif_JPEG_PICTURE

4本指の観音様

なんとも慈愛に満ちた表情の観音菩薩さま。よく見ると指が4本なことに気が付きました。後年の損傷ではないようです。いったいどういう理由で4本なのでしょう…。ちなみに千手観音にたくさんの手がついているのは、生命あるものすべての苦労や困難を救ってくださるためにあるそうです。

4本の指にはいったいどんな意味が…うーむ。

アジアアートギャラリーでは、珊瑚製品のほか、象牙製品の彫刻などもお取り扱いしております。

天然製品か人工物かなど、素材が分からないお品などもお気軽に当店 までご相談ください。

ご売却をお考えのお客様には無料での出張鑑定も行っております。お気軽にお問合せ下さい。